ハイヤー会社で働く人々について

ハイヤー会社ではさまざまな業務を行っており、それぞれの部署に分かれて仕事をしています。直接お客様対応をするのはドライバーなので、どうしてもドライバーの印象がハイヤー会社全体の印象になりやすいでしょう。そのため、ドライバーは会社の看板を背負って業務を行っているといっても決して大げさではありません。このように表に出るドライバーをはじめ、あらゆる業務に携わっている人がいます。

まずは、私たちがハイヤーを利用したいと思ったときに予約もしくは問い合わせをするときに対応する人がいます。海外からのお客様にも対応している会社であれば、予約や問い合わせは24時間対応となっており、この部署で働く人は外国語に精通している人ばかりです。何度も打ち合わせをすることもありますし、お客様ファーストで満足してもらえるようにお客様からの要望や指摘などもしっかり受け止めてくれます。業務が終われば終了という姿勢ではなく、指摘された点を改善する姿勢があると何度でも利用したいと思うのも当然でしょう。また、お客様からの要望や指摘についてはほかの部署とも情報を共有していくようにしています。お客様からの声が直接届く部署がどのような仕事をしているかは、利用する私たちからすると大事なこととなります。

また、ハイヤー会社で整備士として働く人がいます。直接お客様対応をすることはありませんが、業務を安全に行うためには車両の整備や点検がしっかり行われていなければなりません。車の整備のプロとして、業務には大きな責任がありますし、間接的にお客様の命を預かっている仕事ともいえるでしょう。国家資格を持った人でなければ仕事ができないこともあり、誰でもすぐに就ける仕事ではありません。ドライバーも走行中に不具合を感じた場合、社内に常駐の整備士がいることで、すぐに車の状況を伝え、その場ですぐに点検をしてもらえることは安全面において大きなメリットといえます。

このほかに、ハイヤー会社内では頻繁に研修が行われています。実践的な車の運転をする研修もありますが、社内で座学による研修も行われています。これらの研修を行う部署があり、多くはこれまでハイヤー会社でさまざまな実務経験を積んだメンバーで構成されています。想定されるお客様対応についてや、ドライブレコーダーを使って実際の運転を教材とした研修など幅広く行われており、ドライバーも緊張感があるでしょう。このほかにもあらゆる業務がありますが、おのおのがそれぞれの部署で実力を発揮しているようです。