ハイヤードライバーになる方法

ハイヤードライバーは確かにかっこいいので、憧れる人が出てくるのも当然です。どのようにすればハイヤードライバーになれるのか気になるところです。実はハイヤードライバーになるには2つのルートがあります。ひとつめのルートは新卒でハイヤー会社に入る方法であり、高校卒業では難しく大学卒業となります。というのは、ハイヤードライバーとして仕事をする場合、普通自動車二種免許というものが必要だからです。この免許は18歳で取得できる普通自動車一種免許という、一般的に自動車を運転するときに取る免許を取得してから最低でも3年経過しないと取得できません。どれだけ早くても普通自動車二種免許は21歳にならないと取得できないことが分かります。試験も基本的には自動車学校などに通って、しっかり知識と運転技術を高めたうえで取得するものであり、一種より二種の方が確実に取得は難しくなります。

タクシードライバーにもこの免許は必要です。大学卒業の新卒の場合、21歳という年齢は問題ありませんが、二種免許を持っていない場合もあります。しかし、新卒入社後に多くの会社が二種免許の取得をサポートしてくれるので、エントリー時に二種免許を取得していなくても大丈夫でしょう。この点においては会社によって違いがあるかもしれないので、希望するハイヤー会社がはっきりしている場合は問い合わせてみるといいでしょう。

新卒の場合は、エントリーした人のなかから選ばれた人のみ採用通知がくるのが一般的。その際に何度も面接が行われたり、ペーパーの試験が行われたりするでしょう。多くの学生は英語が堪能で、フランス語や中国語などのスキルがある場合もあります。なかには複数の外国語を流ちょうに話すことができる学生もいます。ハイヤー会社のなかでも海外からのお客様相手の会社向きといえるでしょう。

一方、中途採用でもハイヤー会社によってはドライバー募集をしています。中途採用の場合は二種免許のサポート体制は会社によって違います。なかにはタクシードライバーとして活躍していた人もおり、スキルアップを兼ねてハイヤー会社に転職するケースも見られます。もしくは、ホテルスタッフ、デパート従業員など丁寧な接客をしていた経験がある人が多いようです。ハイヤードライバーの仕事を間近で見ていて憧れていた人が多く、仕事内容も理解しており、英会話スキルも独学で学んでエントリーする人もいるようです。新卒だけではなく、このように他業種の経験がある中途採用の人がいると職場の活性化になるでしょう。