ハイヤードライバーに必要な資格

ハイヤードライバーに必要とされる資格は、かならず必要なものとして普通自動車二種免許の資格があります。この資格は旅客運送が必要な仕事に必須であり、ハイヤーやタクシーのドライバーをはじめ、介護関係の送迎業務などでも必要とされる資格です。プロのドライバーとして仕事をするときに必要な資格となっています。ハイヤードライバーは運転ができれば誰でもできる仕事ではありませんが、逆をいえば運転技術は最低限度必要なものであり、それにプラスしてさまざまな資格が必要とされる仕事となっています。

とはいえ、ハイヤー会社によっては普通自動車二種免許のみで十分に対応できるところもあります。日本人のお客様だけに限定してサービスを行っているところであれば、外国語のスキルはあってもいいのですが、なくても業務に差支えはないでしょう。このような会社の場合、外国語のスキルよりもビジネスマナーの方が重要視されます。ビジネスマナーのスキルでは、秘書検定やビジネス文書検定、ビジネス実務マナー検定などさまざまな検定があります。これらの検定は学生から社会人まで幅広い人が受験できるので、資格を持っていることによって就活に有利になることから多くの人が取得を目指しているものです。

希望するハイヤー会社がどのような顧客をターゲットにしているかによって、必要な資格も少し変わってくるといえるでしょう。顧客の半数以上が海外からの客様であれば、英会話などの外国語を習得し、検定試験に合格することは必須条件となります。そのなかで求められるのはやはり英語のスキルといえます。これまでは英検の資格が受験で必要なことも多かったのですが、最近はTOEIC試験の方が求められる傾向があり、こちらは級ではなく点数によって判断されるものです。英語の場合は分かりやすいのですが、実際はあらゆる言語を話せるドライバーが必要となっています。そのため、どの国の言語でも話せることは大きな意味がありますし、会社側から重宝されることはいうまでもありません。

ハイヤードライバーとして必要な資格はこのような感じになりますが、一見すると必要とは思えない資格であっても、業務を行っているときに利用できる資格はあります。たとえば、介護関係の資格を持っていれば、お客様が高齢者や体が不自由という場合にスムーズな対応ができるでしょう。手話の資格を持っていれば、耳の聞こえない人とコミュニケーションを取ることもできます。持っている資格はいつどのように有意義なものになるかは分かりません。持っていて損をする資格はないといえるでしょう。