ハイヤードライバーの仕事内容とは

ハイヤードライバーの仕事内容とは

ハイヤードライバーの仕事内容とは ハイヤードライバーの仕事内容は多岐にわたります。何も知らないと、高級車に乗って要人やセレブを送迎するだけだと思う人もいることでしょう。実際には、ハイヤードライバーそのものが向き不向きもありますし、向いていないと思っている人がみずから志願することはないため、基本的に向いている人が仕事を続けているようです。その点では、世の中にあるあらゆる仕事と一緒でしょう。

ハイヤードライバーの仕事内容は送迎中心。基本的にお客様を目的地まで安全に送迎することでひとつの仕事が終わります。しかし、ハイヤーはタクシーとは違って完全予約制となっているため、お客様が予約を入れられたときから仕事はスタートしています。また、送迎がメインとはいえ、それに追加してさまざまなオプションがあります。これらを利用される場合はしっかり対応していかなければなりませんし、オプションについて事前に準備が必要な場合もあるようです。たとえば、恋人にプロポーズをするというようなサプライズ利用のために、ハイヤーを依頼する方もいます。この場合は、事前に指輪や花束などを預かることもありますし、同時にプロポーズを成功させるためにさまざまな提案をしていきます。

プロポーズで利用したいという人は「プロポーズが成功するか分からないから成功につなげたい」という人もいますし、「プロポーズは成功すると思うけど、彼女にとって忘れられない日にしたい」から利用する場合もあります。いずれにしても、プロポーズという一大イベントをしっかり考えるのは素晴らしいことですし、多くの女性からは共感を得るでしょう。

プロポーズ成功のための提案は、これまで同じような案件を取り扱っていて成功したケースを分析することが必要です。実績が多くなれば、成功のための方法も分かってきますし、どうしても成功させたい人からのハイヤー依頼も増えるはずです。気持ちを高めるために、ふたりの思い出の曲を流すこともあります。それを出会った頃から順番に流すことにより、よほど鈍感な女性でなければプロポーズを予感するかもしれません。最終的には成功させることが目的となるため、大事なプロポーズのシーンではドライバーは目立たないように配慮しています。多くは思い出の地や夜景のきれいな場所でプロポーズをすることが多く、本当に一生の思い出になるようです。プロポーズが成功するか自信がないという男性は、検討する価値があるでしょう。

このように、仕事内容はプランを練るような事務的な作業も多くなります。ドライバーという仕事ではありますが、1日中車の運転をしているわけではありません。完全予約制であるため、1組のお客様の仕事が終われば営業所に戻ります。次のお客様のために準備をするからです。また、1組のお客様の仕事が終わるというのは、お客様が車から下車されて完結ではありません。その後、営業所に戻ってはじめて1組のお客様の仕事が終了するのです。このようなシステムであるため、時間ぎりぎりにスケジュールを組むことはなく、無理がないものになっています。お客様が下車してから営業所に戻ると、車内の点検や掃除を行います。そのままの状態で次のお客様を車に乗せることはできません。

なかには仕事中に後輩の研修や指導をする場合もあります。ハイヤードライバーとして確実にスキルアップしている場合、新入社員対応をすることもあります。新入社員にとっては右も左も分からないという場合が多いので、親切な先輩から指導が受けられると安心して仕事をすることができるでしょう。大変とはいえ、自分が入社したときも先輩から指導があったと思い出すことがあるかもしれません。

最新投稿